手動硬さ計システム

既設の硬さ計を下記の方法によるデータを取得することができます。

システム化することにより読み間違いや、換算ミス、転記ミスなどの防止に繋がります。

デジタルマイクロメータ化

オクラ部分を改造し、デジタルマイクロメータを取り付けることにより、データの取得、画面にくぼみ長さと平均長さを表示させ、計算によって硬さ値も求める事もできます。

デジタルマイクロメータ化

装置からシリアル通信

既設硬さ計装置内にくぼみ径と硬さを表示するタイプの場合は、通信ケーブルを接続する事によりデータの取得し、システム化することができます。

装置からシリアル通信
お気軽にお問合せください
  • 日鉄テクノロジー