画像処理・画像解析の応用事例

画像処理技術を使った応用事例を紹介します。

試験規格に準拠したソフトの開発やお客様のニーズに合わせてソフトのカスタマイズを行いますので、ご相談ください。

事例1 粒子間距離測定

1つの粒子を基点に周囲にある粒子の距離を自動測定します。

基点になった粒子毎に距離測定結果を算出します。

粒子間距離測定

測定項目:粒子の中心間距離(赤線+青線表示)、粒子隙間距離(青線のみ表示)、重心間距離など

事例2 カウンタ処理

対象物をマウス操作でカウントし、色別に集計し表示します。

粒子間距離測定

例.▲印、魚類耳石輪紋のカウント

事例3 圧着断面評価システム

圧着率を測定し、最適圧着量(かしめ量)を評価します。断面観察からレポート作成までを行います。

粒子間距離測定 粒子間距離測定

例.断面積、CH・CW測定および圧縮率のデータ確認グラフ

事例4 フェライト量測定

ASTM E 562ポイントカウント法、 ASTM E 1245面積法に準拠したフェライト量を評価します。

粒子間距離測定

例.ポイントカウント法による判定

事例5 分析面検査システム

発光分光分析のサンプル表面を検査し、欠陥のない場所で発光分光分析が出来ます。分析面の不良による分析失敗をなくすことが出来ます。

粒子間距離測定 粒子間距離測定

事例6 大型ステージ測定顕微鏡システム

大型ステージにリニアスケールを接続し移動量を座標として捉えることにより、500mmを超える大型対象物の測定を可能とした測定顕微鏡システムです。

粒子間距離測定 粒子間距離測定

例.打抜き部の中心間距離

ソフト「フォト工房、粒子解析」をご要望に応じたソフトのカスタマイズを承ります。

  • ソフト上でサンプルの撮影、画像解析・計測及び成績表の作成(EXCEL形式)を行う一連の工程をシステム化するも可能です。

    ご相談ください。

お気軽にお問合せください
  • 日鉄テクノロジー