微小引張試験

概要

平行部の幅・厚さ1mm以下の試験片による引張試験が可能です。デジタル画像相関法を用いることで、ひずみ測定も可能です。応力‐ひずみ線図が取得できます。

  • 試験機外観

    試験機外観

特徴

  • 溶接部のような金属組織の異なる部位から試験片を採取し、各々の引張特性を 評価できます。
  • ひずみ測定が可能なため、試験機変位から推定することなく、降伏応力(もしくは0.2%耐力)の評価および応力‐ひずみ線図を得ることができます。

適応分野

  • 溶接部の溶接金属、熱影響部、母材ごとの引張特性評価
  • 成形品の加工硬化部における強度分布評価
  • 浸炭層や窒化層の強度評価
  • 通常の試験片が採取不可能な微小部品の引張特性評価

装置仕様

  • 荷重:最大2kN
  • 変位:最大10mm (試験片形状によります。)
  • 引張速度:0.1~100μm/sec
  • 試験片:平行部の幅・厚さ0.2mm~1mm
  • 試験片形状の例

    試験片形状の例

    ※上記以外の形状でも対応可能です。ご相談ください。

測定例

  • 炭素鋼(焼入れ・焼戻し材)の微小引張試験
  • 試験片外観

    試験片外観

  • 矢印
  • 応力‐ひずみ線図

    応力‐ひずみ線図

最初に試験片平行部にランダムパターンを塗布します。

引張試験を開始し、荷重とひずみを測定します。(図には参考として局部伸び発生時のひずみ分布コンターを示しています。)

JIS規格の引張試験と同様に、応力‐ひずみ線図を得ることができます。

お気軽にお問合せください