日本製鉄グループの企業理念

基本理念
日本製鉄グループは、常に世界最高の技術とものづくりの力を追求し、
優れた製品・サービスの提供を通じて、社会の発展に貢献します。

経営理念

  1. 信用・信頼を大切にするグループであり続けます。
  2. 社会に役立つ製品・サービスを提供し、お客さまとともに発展します。
  3. 常に世界最高の技術とものづくりの力を追求します。
  4. 変化を先取りし、自らの変革に努め、さらなる進歩を目指して挑戦します。
  5. 人を育て活かし、活力溢れるグループを築きます。
NIPPON STEEL

企業行動規範

日本製鉄グループは、日本経団連の「企業行動憲章」および同「実行の手引き」をベースとして「企業行動規範」を定め、この実践をとおして社会的責任を果たしていきたいと考えています。

  1. 法令・規則を遵守し、高い倫理観をもって行動します。
  2. 社会的に有用で良質かつ安全な製品・サービスを開発・提供し、お客様の満足と信頼を獲得します。
  3. 公正かつ自由な競争ならびに適正な取引を行い、政治・行政との健全かつ正常な関係を保ちます。
  4. 広く社会とのコミュニケーションを行い、企業情報を積極的かつ公正に開示するとともに、各種情報の保護・管理を徹底します。
  5. 安全・健康で働きやすい職場環境を実現するとともに、従業員の人格と多様性を尊重します。
  6. 社会の一員として、積極的に地球環境保全や地域・社会に貢献します。
  7. 反社会的勢力や団体とは一切の関係を持たず、不当な要求に対しては、断固たる態度で臨みます。
    反社会的勢力排除宣言(pdf)
  8. 各国・地域の法律を遵守し、各種の国際規範、文化、慣習等を尊重して事業を行います。
  9. 本規範を遵守し、その確実な実行に向けた体制を確立するとともに、本規範に違背する事態が発生したときは、迅速に原因究明と再発防止に努め、的確に説明責任を果たします。

環境への取り組み・環境方針

1.地球環境に関する行動指針
日鉄テクノロジー株式会社は、事業活動を行うに際し、日本製鉄グループの一員として、地球環境保全の重要性を認識し、企業の社会的責任を果たすために本行動指針を定めます。

2.地球環境に関する基本方針
当社の事業活動が、環境保全および経済社会の発展と調和するよう努め、ゆたかな社会の維持と発展に寄与するよう努めます。
そのため、環境に有害な影響を与える可能性が最も低く、それを利用する顧客の皆様が安全に問題なく使用できる商品やサービスを提供し、また、すべての事業活動を通じてエネルギー効率をできるだけ高め、環境への負荷を軽減し、かつ継続的に改善していきます。

3.具体的な行動方針

1)
すべての事業活動において、製品・サービスの環境負荷を明確にし、かつ管理することで環境保全活動を積極的に推進します。
2)
事業活動の全段階において、環境関連の法令、当社が制定した自主基準、および当社が合意したその他の要求事項を遵守します。
3)
事業活動の全段階において、環境マネジメントの高度化を図り、継続的な改善活動を推進することにより、環境負荷の低減を図ります。
4)
環境負荷を低減するために環境影響を評価し、その結果に基づいて見直しを図りながら、継続的な改善と汚染の予防に努めます。
5)
当社の環境方針は、社内外を問わず、広く一般に公開します。

情報セキュリティへの取り組み・基本方針

当社は「日鉄テクノロジー株式会社企業行動規範」に基づき、お客様に満足いただける技術サービスを提供し、社会の進歩・発展に貢献することを経営理念としています。

情報化社会において、情報セキュリティを経営上の重要な課題と位置付け、経営情報・顧客情報・個人情報・営業情報・技術情報等を適切に保護することが極めて重要であると認識し、情報セキュリティ基本方針を制定し、以下の取り組みを実施します。

1)
情報セキュリティに関する法令、その他社会的規範および社内規定等を遵守する。
2)
情報セキュリティ委員会を設置し、情報セキュリティ上のリスク発生を防止するための社内情報管理体制全般について管理する。
3)
社内情報への不正な侵入や紛失、漏洩、改竄、破壊等に対する適切な予防策を講ずる。
4)
社内情報は、機密性、完全性および可用性の視点からその重要性とリスクに応じた取扱基準を定め、適切に管理する。
5)
情報セキュリティに関する社内教育を定期的かつ継続的に実施し、意識向上と社内規定の周知徹底を図る。
6)
情報セキュリティに関する事故等が発生した場合は、その被害を最小限に抑えるよう努めるとともに、原因を究明の上、早急に再発防止策を講ずる。
7)
情報セキュリティ活動を定期的に検証し、その改善に努める。