高温炉内観察試験(現場観察)

概要

弊社技術者によって、高温炉にカメラを挿入することで内部観察を行います。高温状態での炉内の耐火物の損傷状況、バーナーの燃焼状況などの観察を行います。

特長

  • 観察装置は、小型・軽量です。

    1)直径100mm程度の挿入口があれば、内部観察可能です。

    2)人力で運搬可能な重量です。

    3)装置の搬入、炉内への挿入操作に重機を必要としません。

  • 観察可能な炉内温度は、最高約1,200度です。

    *1回の挿入での炉内観察時間は、炉内温度によって制限されます。

主な仕様

項目 概要
挿入筒種類 直視タイプ
側視タイプ
挿入筒長さ 1.5~6m(可変)
挿入筒重量 10~30kg
冷却方式 空冷(一部水冷)
電源 100V 25A
観察可能な炉内温度 約1200度

観察例

  • 観察例
お気軽にお問合せください