機械試験

成形性評価試験

材料の変形や割れの生じる応力条件によって分類して評価され、基本的には、深絞り、張出し、伸びフランジ、曲げの4種類の成形様式に分けられます。

最近では、ハイテン鋼材やホットプレス鋼材の試験にも使われています。

当社は、種々のプレス成形性評価装置を有しておりますので、その代表的な評価手法についてご紹介いたします。

試験の種類と特徴

写真1の深絞り試験機に各種形状のパンチ(写真2)をセットし、穴広げ、深絞り、コニカルカップ、エリクセン試験を行います。

深絞り試験機

写真1 深絞り試験機

内部パンチ

写真2 内部パンチ

試験 特徴 特性値 適用板厚範囲* 備考
穴広げ試験 伸びフランジ性を評価する試験 穴広げ率(λ)(%) 1.2~6.0 JIS Z2256
深絞り試験 深絞り性を評価する試験 限界絞り比(LDR.) 0.5~1.8
コニカルカップ試験 深絞り性と張出性を評価する試験 コニカルカップ値(CCV)(mm) 0.5~1.6 JIS Z2249
エリクセン試験 張出し性を評価する試験 エリクセン値(IE)(mm) 0.5~3.0 JIS Z2247
液圧バルジ試験 張出し性を評価する試験 膨れ高さ(mm)
割れ部の板厚ひずみ
0.5~4.0
縦割れ試験 深絞り加工によって脆化した材料の脆性破壊特性を評価する試験 縦割れ限界絞り比
縦割れ脆化遷移温度(℃)
0.5~1.8
スクライブドサークル試験 成形難易を評価する試験 変形限界歪(線図)(FLD) 0.5~4.0
お気軽にお問合せください