食品異物の分析調査

食品異物は消費者クレームや企業の信用に直結するだけに、やっかいな問題です。弊社では食品・製品の混入異物検査やあらゆる製造・加工ラインでの混入異物調査を実施。「どこから、どんなものが、どのような環境条件を受け、飛び込んできたか」「比較素材と同じか否か」など、お客様の知りたいところまで一歩踏み込んで調査いたします。

  1. さまざまな方法を用いて、その成分や組織の推定、絞り込みを行います。
    (金属の主成分、プラスチック・陶磁器の組成。ガラスの主成分、食品/有機物の組成)
  2. 食品・製品の混入異物検査やあらゆる製造・加工ラインでの異物混入調査をいたします。。
  3. どこから、どんな物が飛び込んできたのか、比較材との同異判断など、豊富な調査実績を基にご報告いたします。
  4. 生物試料、水を含んだままの生に近い状態で凍結、断面、組成観察します。

食品異物混入の要素

どのようなものに? 調理食品、加工食品 特に、冷凍調理・加工食品に多く、練り物・ミンチ状にすりつぶす加工食品や海産物への異物混入有り。
どのようなものが?

・石英質の石材、鉄錆、陶器片、塗膜・塗料

・ガラス片:びん、グラス、窓ガラス等

・たわし片:ステンレス、真鍮、アルミ等

・ホチキス針:JIS規格等との照合

  • ホッチキス針

    ホッチキス針

  • ステンレスワイヤー

    ステンレスワイヤー

  • プラスチック

    プラスチック

  • レンズ用ガラス

    レンズ用ガラス

どのような経路で? 湿度・温度の腐食環境,食品の残査の付着等の特定
目に見えない
小さな物でも?
金属は、走査電子顕微鏡,プラスチック・有機物は赤外線吸収スペクトルなどを使って試験・検査。
お気軽にお問合せください