省エネソリューション

企業にとって、省エネルギーは重要な課題です。

当社は、鉄鋼生産工程の中で数多くの省エネ技術を培い、ノウハウを蓄積してきました。このノウハウの活用による省エネソリュ―ションを通して、CO2削減、カーボンニュートラル、地球温暖化防止に貢献します。エネルギーの効率改善のために、ご活用ください。

省エネソリューションの項目

1.省エネ計測診断

  • ●熱設備(熱勘定、排ガス分析、燃焼調査、各種温度測定、可燃ガス漏洩調査)
  • ●電気設備(電力電流測定、省エネウォークスルー診断)
  • ●蒸気設備(蒸気トラップ健全性診断)
  • ●用水・圧空設備(ポンプ等性能診断、配管つまり調査、流量・圧力測定)

設備のエネルギー使用状態を計測・診断し、省エネの推進をサポートします。燃料や電力コストに加えCO2の排出量も削減でき、地球温暖化防止に貢献します。

詳細と実施例はこちら

  • 省エネ計測診断

【省エネ計測診断】

2.燃焼試験・燃焼機器の設計製作と整備補修

  • ●製鉄所副生ガス等による大型試験炉を用いた燃焼・加熱試験
  • ●加熱炉・熱処理炉等に使用するバーナの設計製作
  • ●性能確認を含む既存バーナの点検・設備補修

工業炉では、燃料を適正に燃焼させるために、バーナーの開発や改善は重要です。製鉄所内の試験設備を使って、さまざまな燃料を用いて燃焼試験をおこない、燃焼設備の改善に貢献します。

詳細と実施例はこちら

  • 試験炉でのバーナ燃焼試験

【試験炉でのバーナ燃焼試験】

3.省エネ技術・燃焼技術の実習教育

  • ●熱設備、ポンプ、ファン、コンプレッサー等実習設備を用いた省エネ教育
  • ●燃焼実習炉を用いた操炉オペレータの基礎・応用教育

省エネルギーの推進には、社員への省エネ教育が極めて有効です。当社が長年の経験で培った省エネのノウハウを体験的に学べるよう、実習設備を用いて現場で役立つ省エネ手法の教育プログラムを提供します。

詳細と実施例はこちら

  • 燃焼実習炉を用いた操炉教育

【燃焼実習炉を用いた操炉教育】

省エネ計測診断では

豊富な経験と実績に基づき、お客様の省エネニーズに応えます。

  • 省エネ計測診断

製造現場には熱設備、加工設備、それらの設備に用役を供給するファン・ブロア、ポンプ、ボイラ及びコンプレッサー等の付帯設備があります。
これらの設備に対してさまざまな計測機器を用いて、運転が適切か?無駄は無いか?を診断し、無投資または投資効果が大きく実行可能な省エネを提案します。

実施例

  • ●工業炉
  • 加熱炉や熱処理炉の排ガス分析や燃料と空気の流量バランス調整により適切な空気比管理をおこない、省エネを実現します。
  • ●コンプレッサー
  • 発生元と使用先の圧縮空気の流量を外付け式流量計で見える化、また特殊カメラを用いて配管からの漏れ箇所を特定し修理につなげることで、省エネを実現します。
  • ●ポンプ
  • 複数台のポンプが稼働する配管系においてポンプの性能評価や圧力等の調査をおこない、必要流量を確保しつつポンプ運転台数の削減や回転数制御により、省エネを実現します。

項目に戻る

燃焼試験、燃焼機器の設計製作と整備補修では

  • ●当社試験炉を活用した燃焼・加熱試験はじめ、各種試験を提供します。
  • ●バーナなどの工業炉に関わる機器の設計・製作、補修に対応します。

試験炉による燃焼・加熱試験

  • 大容量から小容量までの実験炉を保有
  • 都市ガス、LPGなどの一般ガスや一貫製鉄所副生ガスによる燃焼試験が可能
  • 各種ユーティリティーの供給
  • オープンスペースを活用した実機仮設試験が可能

実施例

  • ●バーナ燃焼試験(圧力・流量特性、火炎形状、火炎温度、排ガス成分分析など)
  • ●コークス炉ガスと都市ガス燃焼による燃焼特性比較(お客様バーナ)
  • ●鋼材加熱・冷却試験
  • ※お客様のご要望に沿った試験をご提案します。
  • 試験炉による燃焼・加熱試験

バーナなどの工業炉に関わる機器の設計・製作

  • 鉄鋼製造工程熱設備のバーナや付帯設備の納入実績多数あり。
  • 設計・製作したバーナは試験炉で性能を検証

実施例

  • ●燃焼試験の結果をもとに設計します。現場の不具合や改善事項を反映させた設計が可能です。
  • ●古いバーナのリプレイスは現物のスケッチ(図面化)から対応します。
  • 試験炉による燃焼・加熱試験

バーナの点検・整備

  • メーカに関わらず、点検、整備、補修が可能
  • 使用時の不具合点など御相談に応じ、改善提案が可能です。

実施例

  • ●ご使用のバーナを分解し、状況をチェック、流用部と補修部を判断し、最小の修繕で健全化します。

項目に戻る

  • 試験炉による燃焼・加熱試験

省エネ技術・燃焼技術の実習教育では

実習設備を用いた研修、階層別教育等、様々なプログラムを提供します。

  • 省エネ計測診断

省エネの推進は社員の全員参加が基本です。
新人・中堅の社員が熱設備や流体機器の実習設備に触れることで、工場の省エネネタを発掘できる“気づき力”を醸成します。
また、幹部・管理職向けに、省エネ法の概要や設備の管理標準の作成支援もおこないます。

実施例

  • ●工業炉
  • 空気比の適正化による効果や廃熱回収有無による燃料原単位変化を実習炉で解析、 体感できる講習です
  • ●圧縮空気とコンプレッサー
  • INV制御、オン・アンロード制御の特徴、元圧低下による効果、圧空漏れ調査、ブロー量の削減、配管圧損調査等、実際の現場にある省エネ実例を元に実習します。
  • ●ポンプと送風機
  • 机上での運転ポイントの把握と回転数制御導入時の省エネ検討、実際導入後の効果確認。一連の省エネ改善を検討、解析できる講座です。
  • ●省エネ事案の発掘
  • 仮想の工場、ビルの省エネ事案を発掘し、省エネ改善ができる人材を育成する講座です。
  • ●省エネ診断OJT講座
  • お客様の事業所に伺い、現場で使用している機器を対象に座学と現地調査によりエネルギーロスを見つける着眼点を養い、改善効果の推定ができるように指導します。
お気軽にお問合せください