耐熱データロガー
(装置販売ならびに現場測定)

概要

耐熱容器に搭載することで高温炉内の温度計測を可能にする耐熱データロガーの販売を行っています。

さらに、本ロガーを組み込んだ耐熱容器の製作・販売、ならびに耐熱容器を使用した高温炉内の温度計測作業も承っております。

特長

  • 耐熱データロガーは、コンパクトなサイズ(20×8×70mm)です。
  • 耐熱温度100℃を有し、水蒸発熱利用の耐熱容器に適用可能です。
  • 測定点数8チャンネル、14000点/チャンネルの記録が可能なメモリを搭載しています。
  • 自己蓄積型と無線送信機能を併用した信頼性の高い記録方式を備えています。

主な仕様

項目概要
耐熱温度100℃
測定チャンネル8点
測定ピッチ1~999秒 (測定開始時刻遅延スリープ機能あり)
内部記録点数14,000点/チャンネル
測定可能時間11時間以上(スリープ機能を付加する事によって回路の消費電流を抑えます)
温度センサースリープ機能を付加する事によって回路の消費電流を抑えます
測定温度範囲0~1,370℃
無線方式2.4GHz IEE802.15.4(通信速度250Kbps)
無線可能距離見通しの良い場所で約100m
送信アンテナロッドアンテナ (耐熱アンテナ開発中)
受信アンテナ八木アンテナ、ダイポールアンテナ等 (フィールドテストにより決定)
受信器PCとUSB接続します。データ転送速度は38.4Kbps
耐熱ケース

別途ご相談(耐熱 1,300℃:4時間、900℃:8時間 等)

耐熱ケース

適用例

  • 連続加熱炉におけるスラブ及びビレットの温度測定
  • 連続熱処理炉(加熱から冷却過程)における鋼管等の温度測定

測定イメージ

  • 応力・硬さとBN信号の関係

<無線の効果>

  • リアルタイムで温度測定値が確認可能:蓄積型では、設置~測定終了後の取外確認まで収集状況が不明ですが、無線型の併用により動作状況の確認が可能になります。
  • 内部記憶メモリーが節約可能:必要のないデータの収集は行わないように、無線でのコマンド送信により測定の開始動作が可能です。
  • 温度測定値の収集を確保:焼損等のトラブル時、焼損時点までのデータを無線通信により収集可能です。
お気軽にお問合せください