高濃度(ppm)レベルガス腐食試験

大気中には、排気ガス等から由来する硫化水素(H2S)、二酸化硫黄(亜硫酸ガス・SO2)、二酸化窒素(NO2)などの腐食性ガスが存在しています。耐環境試験として、IEC、JIS、ISO、ASTM等様々な規格でガス腐食試験方法が規定されています。

当社の高濃度ガス腐食試験機は、ppmレベルの濃度で大気環境をシミュレートした促進試験が行えます。

高濃度(ppm)レベルガス腐食試験装置

装置の特徴

  • マスフロメ-タ-により規定のガス濃度に調整し試験することが可能です。(試験前にガス濃度測定実施)
  • 試験ガスはSO2、H2S、NO2等を使用します。

    上記ガスの単独および混合ガスによる試験が可能です。

装備仕様

装置名 ガス腐食試験機(スガ試験機(株)製)
温度範囲 室温~50℃(±1℃)
相対湿度 60~95%RH(±5% RH)
濃度範囲 H2S 0.1ppm~200ppm
NO2 0.1ppm~20ppm
SO2 0.1ppm~200ppm
他のガスおよび濃度はご相談下さい。
槽内寸法 幅380mm 奥行380mm 高さ140mm
耐荷重 3kg(3kg超える場合はご相談下さい)
高濃度ガス腐食試験装置外観

高濃度ガス腐食試験装置外観

装置槽内写真

装置槽内写真

対応可能試験例

  • 電気電子機器の混合ガス腐食試験
  • 7inタッチパネルの耐亜硫酸ガス試験
  • めっき材の耐食性試験(単一ガス、混合ガス)
  • LED発光部の腐食促進試験

試験条件例(関連規格)

試験条件はIEC、ISO,JISなど様々な国際および国内規格があります。

試験条件はご相談下さい。

  • JIS C 60068-2-42 環境試験方法-電気・電子-接点及び接続部の二酸化硫黄試験方法(IEC60068-42-Test Kc準拠)
  • JIS C 60068-2-43 環境試験方法-電気・電子-接点及び接続部の硫化水素試験方法(IEC60068-43-Test Kd準拠)
  • JIS H8502 めっきの耐食性試験方法
  • その他関連規格の詳細情報はこちら

その他の条件、試料形状等につきましては、ご相談ください。

お気軽にお問合せください